当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
くらし、手続き  移住、定住  事業者の方へ
くらし、手続き 移住、定住 事業者の方へ

現在位置

  1. トップメニュー
  2. くらし・手続き
  3. 文化・歴史

ブログ月別アーカイブ利尻

SNSリンク

文化・歴史
 マクドナルド奨学基金支援の会(古川恭司会長)では、平成25年度より北海道立利尻高等学校生徒を、ラナルド・マクドナルド1ゆかりの地として、アメリカポートランド市へ短期留学研修として派遣しており、ポートランド在住のマクドナルド友の会谷田部会長には現地コーディネートなど、大変お世話をいただいております。今回は谷田部会長ご夫妻の来日に合わせ利尻島を訪問いただきました。
 12月14日には利尻町役場を訪問いただき、保野利尻町長と懇談を行い、次年度以降の短期留学生の受け入れや、ポートランド、利尻の話題などで親交を深めていただきました。翌15日には、利尻高等学校において「高等学校英語力向上事業」講演会・成果報告会で講師として「Real MacDonald!~私のアメリカ生活50年余~」と題し講演を行っていただきました。

photo
【写真】元村校長、保野町長、谷田部勝・アリスご夫妻、古川会長、佐々木副町長


 1 ラナルド・マクドナルド(Ranald MacDonald)
【鯨が開いた鎖国の扉 ラナルド・マクドナルド渡島】 
嘉永元年(1848)7月初めに鎖国下の利尻島に一人のアメリカ人が上陸しました。鎖国の日本に入ってみようということです。そのためにハワイから捕鯨船に乗り込み、捕鯨漁が終わってから単身ボートに乗り込み、利尻島を目指し漂流を装って上陸しました。 
捕鯨船の海員誌で日本情報に接し、潜入方法を見つけたマクドナルド。利尻島に上陸してから、宗谷・松前を経て長崎に送られていきます。長崎では当時のオランダ通辞たちの要望から英会話を教えました。 
利尻島に渡島したラナルド・マクドナルド。これを調べていくと、世界の捕鯨史・幕末の日本史に深く関わっていきます。(利尻町ホームページ 文化・歴史 マクドナルド鎖国の日本に密入国より)



Mr. Yatabe, the President of Fellowship for MacDonald, and Mrs. Yatabe came to Japan and greeted the Mayor of Rishiri

MacDonald Scholarship Foundation Support Association (Chairman Kyoji Hurukawa) sends students of Rishiri High School established by Hokkaido to Portland in the United States of America for short term study since 2013 because Rishiri Island has historical relationship with Ranald MacDonald1 who was the first English teacher in Japan more than 150 years ago.  
Mr. Yatabe, the president of Fellowship for MacDonald, who lives in Portland, and Mrs. Yatabe are of great help for the short term study as coordinators in the U.S.  Recently they came to Japan and Rishiri Island.  Chairman Kyoji also came to Rishiri to see them.
On December 14, 2017, Mr. and Mrs. Yatabe visited Rishiri Town Hall to meet with Mr. Hono, the Mayor of Rishiri.  They had friendly talk with each other on the next short term study program in Portland and other topics relating to Portland and Rishiri.
On December 15 Mr. Yatabe gave a speech titled “Real MacDonald!  My American life over 50 years” at the meeting of Project for Improving High School English and Result Report at Rishiri High School.      


写真の人物(左から)
From left: School Master Motomura, Mayor Hono, Mr. Masaru Yatabe, Mrs. Alice Yatabe, Chairman Hurukawa and Vice-Mayor Sasaki.


1Ranald MacDonald
“Whaling opened the closed door: Ranald MacDonald came to the island”
In early July in 1848 (the first year of嘉永 ”Kaei” in Edo Era, according to Japanese traditional calendar), a man named Ranald MacDonald landed on Rishiri Island under Japan’s closed-door policy. 
To come to Japan, he had board a whaling ship and had found out a way to enter Japan in a journal of the ship.  After whaling had finished he had got on a boat himself and headed for Rishiri Island to pretend a castaway on the island.  
Landing on Rishiri Island, he was sent to Nagasaki through Soya and Matsumae.  In Nagasaki he taught English language to Dutch-Japanese interpreters on demand at that time. 
Searching history for Ranald MacDonald who landed on Rishiri in Edo Era, you will find his deep relationship to whaling and the end of the era in Japan (cited from “MacDonald illegally immigrated into closed and isolated Japan,” culture and history in Rishiri Town website).

2017年12月19日

9月29日(木)午後3時半、仙法志中学校グランドの近くでカラスにおわれて弱っている鳥を仙法志小学校の子供たちがみつけた。なんとかしたいと思って、段ボール箱に入れて、博物館の大きな船がはいっている倉庫に運んだ。水を飲ませて草を食べさせた。その後、子供たちは図鑑で鳥を調べた。ヒシクイだとわかった。博物館でさらに調べると亜種オオヒシクイであることがわかった。
9月30日(金)午後、子供たちは鳥を見に来た。段ボール箱の下をやぶって顔をだしていたのを見て、元気だから沼に放そうと言うことになった。南浜湿原のメヌショロ沼まで運んで、放鳥。沼に放したら、すぐには動けなかったけど、水を飲んだりして、動きはじめた。これでだいじょうぶと思って、元気でねと手をふった。亜種オオヒシクイをまもれて良かったと子供たちが喜んで話してくれた。
亜種オオヒシクイをまもった仙法志小学校のこどもたち 
<1年 なりたるきや・2年 藤野可鈴・佐野友菜・八木みはる・4年 藤野可楓> 






2011年10月3日

「さいはての浄土に咲く花」
利尻町立博物館特別展示
7月10日(日)~8月31日(水)まで利尻町立博物館でおこなっています。
5月後半に利尻・礼文島に来られた浄土宗桂林寺永田英司国内開教使。布教のかたわら、最北の島の野の花を描きたいとのこと。一緒に島をまわってみられる野の花たちを探しました。礼文島でも島人に案内していただいたこと。
こうした島人の篤い心と、そこに咲く野の花たちの生命の息吹から、さいはての浄土に咲く花を感じたという。
<展示>
野の花      11種20枚
利尻山       5枚
利尻麒麟獅子  2枚
展示期間中の8月13日(土)~15日(月)は浄土宗慈教寺(利尻富士町鴛泊字本泊)、8月17日(水)~19日(金)は浄土宗専称寺(利尻町仙法志字政泊)で移動展示。利尻町立博物館展示は8月20日(土)~31日(水)となります。


 

2011年8月4日

 

   免責事項・著作権   

  リンクについて  

   このサイトの使い方   

   広告について  

   お問い合わせ   

 
 利尻町役場 総務課防災エネルギー係
TEL:0163-84-2345  FAX:0163-84-3553
〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14番地1