くらし、手続き  移住、定住  事業者の方へ

現在位置

  1. トップメニュー
  2. くらし・手続き
  3. 健康・くらし
  4. 社会福祉協議会

SNSリンク

社会福祉協議会

利尻町社会福祉協議会とは?


1.「社協」(社会福祉協議会の略称)は、昭和26年に制定された社会福祉事業法(現:社会福祉法)に基づき、地域福祉推進の中核的な担い手として全国、都道府県で誕生しほどなく市区町村で組織化が進められました。

2.「社協」は、地域住民の皆様をはじめ、ボランティアや保健、医療等の社会福祉関係者の参加・協力を得て活動する組織で、民間組織としての自主性と、広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性という2つの側面をもった民間非営利組織です。

3.「社協」は、社会福祉法第109条において、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として規定されております。

4.「社協」は、地域の皆様からによる会費や赤い羽根共同募金の配分金、道や町からの補助金等によって支えられており、「ともに支え合う、安心・安全・福祉のまちづくり」を目指します。



社協の概要


名称

社会福祉法人利尻町社会福祉協議会

所在地

北海道利尻郡利尻町沓形字緑町9-2

電話

0163-84-3155

FAX

0163-84-3301

設立

昭和49年(1974年)12月

法人化

平成4年(1992年)4月

役員

理事8名(内、会長1名・副会長2名)・監事2名

評議員

評議員14名

定款

利尻町社会福祉協議会定款(PDF/108KB)

組織図

利尻町社会福祉協議会組織図(PDF/26KB)

個人情報

規程(PDF/99kb)方針(PDF/40kb)



主な社協の事業


●移動支援事業(移送サービス)※利尻町委託事業

 一般車両での移動が困難な高齢者や身体の不自由な方を福祉車両(リフト付きバス)により病院等へ送迎いたします。
 【利用できる方】
  車イスやストレッチャーなど一般車両での移動が困難な高齢者や身体の不自由な方。
 【利用手続き】
  ご利用希望の方は利尻町役場くらし支援課へ利用申請書を提出してください。
 【利用料金】ワゴン車

   利用料金は無料です。

 

 

 

 

 

 

●福祉用具貸付事業

 疾病や怪我などにより緊急に福祉用具が必要な場合や福祉用具のお試し使用などの際に、社協が保有する福祉用具を短期間お貸し致します。

  【対象用具】
福祉用具

  電動ベット・ベットテーブル・各種車イス・各種つえ

 【利用手続き】
  ご利用希望の方は社協へ利用申請書を提出してください。
 【利用料金】
  利用料金は無料です。

 

●地域子育て支援事業

 ○子育てサロン「かでる」
  子育て家庭が自由に遊べる交流の場を開設しております。
 【開設日】かでる2かでる1

  月曜日~金曜日・日曜日

 【開設時間】
  10:00 ~ 16:00
 【休館日】
  土曜日・年始年末など
 ※休館日は施設内掲示板にてお知らせ致します。

 

 

 ○チャイルドシートの貸出
  利尻町内のご家庭に短期間無料で貸し出ししております。
 ※各1台しかありませんので、ご希望に添えないことがあります。
チャイルドシート

 ○子育て応援用品支給事業
  社会福祉協議会では子育て家庭の経済的負担の軽減や子育て生活応援を目的に子育て用品(紙おむつ)の支給を行っております。
 【対象者】
  0歳から1歳までのお子様のいる家庭
 【支給内容】
  紙おむつ テープ式・パンツ式(サイズはご連絡下さい) お子様1人につき0歳から1歳までの月1袋の計12袋(12ヶ月分)
 【利用手続き】
  ご利用希望の方は社会福祉協議会までお越し下さい。

●日常生活自立支援事業

 高齢の方や障がいのある方が住み慣れた地域で安心して自立した生活が送れるように相談・支援を行います。

 ご本人との契約に基づき、サービスを提供します。

 【利用できる方】
  認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者、その他等の判断能力が不安な方で、日常生活での福祉サービスの利用や金銭管理がうまくできない方。
  ※契約時には、ご本人の利用意思を確認できることが必要です。

ケアマネ
 【サービス内容】
  ・福祉サービスの利用援助
  ・日常的金銭管理サービス
  ・書類等の預かり    

 

 

 

●法人後見事業

 認知症や知的障がい・精神障がいなどの理由により、自身では十分な判断をすることができない人が、財産の取引などの契約や各種手続きを行う際に、一方的に不利な契約を結ばないように法律面で支援するとともに、適切な福祉サービスにつなげるなど生活面でも支援し、本人の権利や財産を守ることを目的とした制度です。

 本人の判断能力を補うため、成年後見制度に基づき本会が法人として後見人(保佐、補助)を受任し、財産管理および身上監護を行うことで、その方の権利を擁護します。
 家庭裁判所の審判に基づき、当会が法人として成年後見人等を受任し、後見業務を行います。

 

 

社協で行っている介護保険事業


●居宅介護支援事業(ケアマネージャー)

 介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護保険利用の為の必要な手続き・サポートを行います。介護保険・要介護認定・ケアプラン・介護用品・住宅改修のことなど、介護に関する色々な相談に応じます。

ケアマネージャー


 ●訪問介護事業(ホームヘルパー)

 利尻町社会福祉協議会では、要介護状態の認定を受けた方を対象に必要な訪問介護(生活援助サービスや身体介護サービス)を提供することでその方の有する能力に応じて、可能な限り「住み慣れた地域の中で」自立した日常生活がおくっていけるよう笑顔と真心で支援させていただいています。

ホームヘルパー1  ホームヘルパー2

 訪問介護員(ホームヘルパー)がご自宅を訪問し、入浴や食事、排泄などの介助を行う『身体介護』、調理や洗濯、掃除などの『生活援助』をはじめとして、日常生活全般にわたる訪問介護サービスを提供いたします。 要介護1~5と認定された方は訪問介護サービスを、要支援1・2と認定された方は、利尻町介護予防・日常生活支援総合事業による訪問型サービスをそれぞれ利用できます。


社協の事業計画・予算・決算


・平成30年度事業計画(PDF/171KB)
・平成30年度予算(PDF/48KB)
・平成29年度決算(PDF/62KB)

 ※社協事業所内で予算・決算・事業の資料について閲覧することができます。

 

   免責事項・著作権   

  リンクについて  

   このサイトの使い方   

   広告について  

   お問い合わせ   

 
 利尻町役場 総務課防災エネルギー係
TEL:0163-84-2345  FAX:0163-84-3553
〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14番地1