当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
くらし、手続き  移住、定住  事業者の方へ
くらし、手続き 移住、定住 事業者の方へ

現在位置

  1. トップメニュー
  2. 移住・定住
  3. 空き家情報

SNSリンク

ふるさと定住促進事業おためし暮らし漁業後継者支援昆布干しアルバイト利尻町地域おこし協力隊

 
町役場所在地   空き家相談 ワンストップ 窓口
(平成27年5月1日窓口開設)
 〒097-0401
北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14番地1

○東京圏からのアクセス
【通年】
羽田空港から稚内空港へ  110分
稚内空港から稚内港へ    35分
稚内港から鴛泊港へ    100分
鴛泊港から車で       20分
【夏季(6月から9月まで)】
羽田空港から新千歳空港へ  90分
新千歳空港から利尻空港へ  50分
利尻空港から車で      15分
私が責任を持って、相談に対応させていただきます。


○担当部署
利尻町まちづくり政策課定住移住推進係

○担当者名
荒木克則 松永仁来 

TEL 0163-84-2345
FAX 0163-84-3553
MAIL teijyu@town.rishiri.hokkaido.jp

 

利尻町へ移住しませんか!?

○おためし暮らししてみませんか?○

今年度(平成30年11月1日~平成31年3月31日まで)の予約は終了しました。

     平成31年度の予約は随時受け付けております!


利尻昆布の里、北海道(利尻町)へ将来移住を希望される方に、利尻町では平成28年度から「お試し暮らし事業」を実施しています。

 北海道へ憧れを持たれている皆さんは雄大な北海道の大地への期待と、見知らぬ土地への不安や雪の問題(除雪対策)など様々な面での不安、その両方を持ちながら移住をご検討されていることと思います。
それらの不安を少しでも解消していただき北海道そして利尻町の良さを少しでも知っていただくことで将来「利尻町」を移住先の候補地の一つとしてご検討していただくために実施しております。
 移住体験者希望者が手ぶらで利尻町暮らしを体験できるよう最低限の生活必需品も用意しています。首都圏からのアクセスは「札幌丘珠空港」からの通年アクセス(45分圏内)が便利!意外と便利な“利尻町”でおためし暮らしを体験してみてください。
尚、滞在期間中は就業の相談や各種体験なども行う予定です。

 担当の窓口について
 利尻町役場 まちづくり政策課 定住移住推進係 TEL:0163-84-2345

利用対象者及び利用条件について
利用対象者
・利尻町への移住を検討している方
・利尻町でのお試し暮らし未経験の方を優先します
・アンケート調査等にご協力いただける方
・緊急時の連絡先が明確である方
・暴力団等反社会的勢力と関係がない方

利用条件
・未成年及び単身のみの利用はできません。(2名以上の利用で成人の同伴が必要です)
※安全管理上の理由により一人での利用はできません。

・交通手段がバス・タクシーに限定されるため、自家用車又はレンタカー等のご用意をお勧めします。
※島内でのレンタカー等の情報提供はいたします。

・入居時及び退去時に担当職員等との面談を行います。
※面談では、入居時は「利尻町への移住」などについて、退去時は「お試し暮らし体験の感想」などについて
お話をしていただきます

 住宅の概要について
・北海道利尻郡利尻町沓形字神居36番地
・建築年 平成5年 木造2階建
・延べ床面積:199.26m2
・お試し暮らし住宅 → 平面図
※クリックで拡大します




 利用料金について
 期間 借用料  時期 
 1日  1500円  夏期(5月~10月)
 1日  2000円  冬期(11月~4月)
※料金に消費税及び地方消費税、電気、ガス、上下水道及び灯油、ごみ処理手数料が含まれております。

 体験期間について
 ・移住体験は1週間単位になります。※1週間未満の受付は行いません。
※最長3ヶ月までとします。

 就業体験事業について
 就業相談や就業体験(時期的にマッチングすれば)については、随時できる範囲で対応いたします。

 注意事項について
(1) 借用料を納めた後、町長から住宅の鍵を受領し、外出時や就寝時に施錠するなど、管理について徹底すること。また、鍵を紛失したときは、速やかに町長にその旨を報告すること。
(2) 火気の取扱いに注意するとともに、水道の凍結防止に配慮すること。また、備付けの備品並びに什器類を適切に取扱うこと。
(3) 善良な良識をもって住宅を適正に管理するとともに、住宅周辺の除草や清掃を適宜行い、住環境の整備をすること。
(4) ごみは、決められたルールに従い排出すること。
(5) 借受者は、体験住宅の借用期間が満了したときは、直ちに住宅の鍵を町長に返却すること。
(6) その他体験住宅の借用に関し、町長が必要と認める事項

 禁止事項について
(1) 物品の販売、寄附の要請その他これに類する行為をすること。
(2) 興行を行うこと。
(3) ペットを同伴すること。
(4) 展示会、その他これに類する催しをすること。
(5) 文書、図書、その他の印刷物を貼り付ける又は配布すること。
(6) 宗教の普及、勧誘、儀式、その他これに類する行為をすること。
(7) 周辺住民に迷惑を及ぼす行為をすること。
(8) 施設の全部又は一部を転貸し、又は権利を譲渡すること。
(9) 職員及び係員の指示に従わないこと。
(10) 暴力団による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)に規定する暴力団及び暴力団員の利益になること。
(11) その他施設の借用にふさわしくない行為をすること。

 使用者の費用負担について
1) 使用者の故意又は過失により生じた修繕等に要する費用
2) その他

利用の手順について

 1)担当窓口に予約を行う
 移住お試し暮らし体験を希望される日程がきまりましたら担当者に予約確認の連絡をお願いします。まちづくり政策課 定住移住推進係 TEL:0163-84-2345
 2)おためし暮らし(移住体験)住宅入居申込書
 入居申込書に必要事項を記入し以下の方法により申し込みを行ってください。
 郵送、FAX、E-mailのいずれかでお申込みください。

<ダウンロード方法>
・Windows:ボタン上でクリックする、もしくは右クリックし「名前を付けてリンク先を保存」を選択して下さい。
・Macintosh:ボタン上で右クリックし「リンク先のファイルをダウンロード」を選択して下さい。
※申請書到着後に担当者から確認の連絡をさせていただきます。

郵送先:〒097-0401
北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14-1
利尻町まちづくり政策課 定住移住推進係 宛
FAX:0163-84-2345
E-mail:teijyu@town.rishiri.lg.jp
※電話のみのお申込みは受けれませんのでご了承ください。
 3)利用料金の納入 
 当日、利尻町に到着しましたら、利尻町役場まちづくり政策課定住移住推進係までお越しください。利用料金を納入していただきます。
 4)必要事項の説明と鍵の受け渡し
 利用料金の納入が終わりましたら、入居の前に必要事項の説明をおこない、その後に鍵をお渡しします。
 5)鍵の返却と検査 
 使用期間が満了しましたら、施設内を現状に戻した後、鍵を返却していただきます。
※修繕ヶ所等がありましたら別途請求させていただきます。

私たちが責任を持って、ご相談に対応させていただきます

利尻町役場 まちづくり政策課 定住移住推進係
TEL:0163-84-2345(直通) FAX:0163-84-3553

担当:荒木・松永

※メールアドレスをお持ちの方は、メールフォ-ムからもお問合せを受け付けています。

利尻町お試し暮らし事業実施要綱 (PDF)
 

   免責事項・著作権   

  リンクについて  

   このサイトの使い方   

   広告について  

   お問い合わせ   

 
 利尻町役場 総務課防災エネルギー係
TEL:0163-84-2345  FAX:0163-84-3553
〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形字緑町14番地1