CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)
産業

海の町・利尻町


(天然こんぶ採取風景)

 海に囲まれた利尻町は、古くから海が生活のささえとなっていました。
明治になってから、本州各地から鰊、昆布がたくさん獲れる利尻をめざして渡島し、島内に集落をつくってきました。
 鰊漁は大正時代が最盛期でしたが、1955年(昭和30年)を境に獲れなくなりました。その後、磯付漁業に転換を図り、現在は栽培漁業や漁場整備などを行い、「獲る漁業」から「つくり育てる漁業」をめざすなど、積極的な漁業振興に取り組み、活力に満ちた産業によるふるさとづくりが進められています。