CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)
産業

利尻こんぶを食べて育つウニ

利尻には、「ガンゼ」(エゾバフンウニ)と「ノナ」(キタムラサキウニ)の2種類のウニがあります。
日本海の荒波で育つ利尻のウニは「利尻こんぶ」を食べて育っています。これが、おいしさの秘密です。

------エゾバフンウニ------
  通称「ガンゼ」と呼ばれ、とげが短く、黄褐色の殻に包まれています。漁期は7月から8月までの2ヶ月間。味は以外と濃く、舌にのせた瞬間もうあなたは、「ガンゼ」のとりこになるでしょう!海からとれたてのガンゼは最高です。

------キタムラサキウニ-------
    通称「ノナ」と呼ばれ、とげが長く紫褐色の殻に包まれています。漁期は6月から9月までの4ヶ月間。触るのは少し抵抗があるように感じますが、味は以外と「あっさり」していて、身も大きく、これまた絶品です。

------こうして採っているおいしいウニ------
  漁期 キタムラサキウニ  主に6月から9月
      エゾバフンウニ    主に7月から8月
みなさん、このウニ漁の季節に来て、とれたての「ウニ」を食してみませんか!!

------おいしいウニ丼------
日本テレビ「どっちの料理ショー」の夏の最強どんぶり決戦で利尻産ウニ丼がビフテキ丼に勝ちました。”生ウニ”はやはり地元で食べるのが一番。採れたての”生ウニ”をぜひ一度ご賞味ください!